--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_04
13
(Thu)03:32

2017年1月改編のアニメの総括

せっかく復活してさぁこれからだ!…っと思ってたらまたしても長らくの更新ストップって…。
いや~すみませんでした。3月頭から半月ほど実家に帰って仕事してました。3月って年度末ですからね~。そこから帰ってきてからもちょっとバタバタでこっちまで手が回らなかったんですよ。申し訳ない。ネタは結構手元にあるんでここから少しずつ小出しにしたいなぁって思ってます。まぁここまでが更新が止まってた言い訳。

さてここからは久々の(本当に久しぶりだな…)見たアニメの総括です~。約1年滞ってましたが再開します。過去のもやりたかったんだけど現行でもたくさんの作品を見ている上にまた過去の作品を…なんて時間がないので割愛ってことで。

で、もうお約束の注意事項です。
ここではあくまでその期間の作品で全話見た作品のみ総括してます。(そらそーだ。見てないのに感想なんて書けないし。)出てくるアニメタイトルは順不同であくまで主観的な意見なので悪しからず!
あとは見ている作品は完っっ全に趣味なので正直世間一般の流行とかな~りかけ離れています。巷ではやりまくっているメジャータイトルでも見てないものは見てないので『あの作品見てないの?マジ!?ありえないんですけど!!』的なコメントは闇に滅します。勘弁してくださいマジで。
そして一部ネタバレ含む可能性があるんでこれから見る人は一部分で閲覧注意なところが少しだけあるから気を付けてね。

ではでは記事は追記を読むからどうぞ。






は~い。でははじめまーす。今期はどストライクな作品からゆるくて気軽に楽しませてもらえた作品まで幅が広くて良かった。でも見た本数は結局減らすといっておきながら全部で19本。結構見たなぁ。その中で新世紀エヴァンゲリオンについてはもう書くまでもないので省かせてもらいます。ひとつ言うならやっぱりエヴァは元祖のほうがいい!!+THE END OF~の方も一緒にやってくれてありがとう!
途中離脱作品はアイドル事変とエル・ドライブの2作だけでした。意外と少なかったな~。残ったのもどれか脱落するかなーと思ったけど結構見ちゃったんだよね。
そして全話見たけど総括するのやめとくわ~。という作品が風夏とBanG Dream!の2作品でした。個人的に主人公のご都合主義的な作品が苦手です。はい。
そしてもう一つ、これを書いているときに最終回を迎えなかったリトルウィッチアカデミアについてはもうすぐ終わる説と連結2期説とあってわからなかったので今回は省きましたが最終回後にきちんと総括記事揚げる予定でいます。

では、総括スタート!
 
・TRICKSTER~江戸川乱歩「少年探偵団」より~
これは連結2期ものでしたね。江戸川乱歩ものといえば2015年にノイタミナ枠でっやっていた『乱歩奇譚』もなかなかで今回はどんな形でストーリー化するんだろうと思ってたんですが、よもやあの少年探偵団を未来の世界で展開させるとは!!そんななかでもちゃんと少年探偵団シリーズのテイストを残していて面白かったと思う。特によかったのはキャラクターを見せるストーリーだったかなーと思ってます。登場人物のキャラクターが生き生きしてたのがすごく印象的だった。未来の設定に一番合っていたのは野呂ちんかもね。明るい引きこもりだけど個人的に好きだしわかるんだよな~。あんな割り切った人生送ってみたいわ。結構壮大なストーリー展開にどんな着地をさせるつもりだろうと思ったけどバッドエンドでもなくハッピーエンドでもないちょっと含みのなる終わらせ方をしたものまぁこの作品の味の一つになるのかなぁと。友情と絆の力って凄いね。
この作品には直接関係ないかもしれないけど関東エリアでしかやってなかった『超・少年探偵団NEO』というショートアニメもすごく見てみたかった…。残念。

・小林さんちのメイドラゴン
ゆるい!かわいい!面白い!!結構重たい作品が多かったなかでのいいお口直し的作品でした。なにがいいってカンナちゃんが素直でかわいい!!あんな子だったら我が家にも来てほしい!!そしてトールもご主人に従順で何でもこなしちゃうまさにメイドの鏡的なキャラがなんとも素敵すぎです♪ほかの仲間たちもいろいろありながらも人間界になじんでてそれなりにハッピーみたいだし、とにかく毎回本当にほっこりさせてもらいました。余談だけどトールの肉っておいしいのかね…。絵が妙にリアルに描いてあったのはやっぱり制作側のこだわりだったのかな~。さすがだ京アニ。

・うらら迷路帖
まんがタイムうらら枠~。今回もかわいかったですね。占いというテーマはちょっとおもしろい視点だったかな。キャラクターたちの成長記としてみるならまぁよかったんじゃないかなーと思うけどどうも千矢ちゃんの露出魔感と佐久隊長と取り巻きが完全に狙いすぎな感じがプンプンで…。内容は面白かった。そんだけ。

・ガヴリールドロップアウト
これもお口直しアニメとしてすごくお世話になりました。超面白かったしこれ2期やってほしいと思うくらい好き。ガヴちゃんの堕天っぷりもすごいけどやっぱラフィとサターニャの掛け合いがこの作品の肝でしょ。…てかラフィこそ堕天してないか!!???
作品の舞台が浜松&浜名湖周辺というのもあってかたまたま浜松に行く用事があったんで思わず聖地巡礼してしまったけど結構忠実でした。OPとEDが何気に好きです。

・ACCA13区監察課
今期の良作その1。正直最初のほうが展開がなくてもしかしたら途中離脱になるかな~と思ってたけど離脱しなくてよかった!これ、凄い深くて面白い作品だった。国、組織、自治区、血筋、人と人、組織や国というしがらみとその中で動く様々な計画や人間模様の描き方が秀逸でまたそれをつなぐストーリーの組み立て方が物凄くいいと思った。終前までの間に少しずつキャラクターたちの立ち位置と素性が明かされていよいよ最終回でクーデターによってジーンが玉座についてACCA存続でめでたしになると思いきや…成程、すべてが丸く収まる結末に思わず拍手モノでした。ポップな絵柄や音楽もすごくこの作品に合っていて久々に心にガツンと残る作品となりました。この作品で一言いうならニーノ、ロッタちゃんの気持ちに答えてやってくれよ!かな。(苦笑)ニーノとジーンってなんか大人の付き合いって感じでいいなぁって思う。ああいう友達がほしいなぁ…。それとやっぱモーヴ本部長!やっぱ権力を持つ女性はかっちょええ!

・スクールガールストライカーズ Animation Channel
これってゲーム派生なんだよね。ゲームやっている人からはあまり良かったって話聞かないんだけどまぁゲームの紹介アニメにはなったんじゃないかなーと。世界観は嫌いじゃなかったので結局最後まで見ちゃった感じ。でも嫌いじゃなかったよ。やっぱ花澤さんは天然キャラをやらせたらピカイチですな。(褒め言葉ですよ!)内容はともかくEDのぞんざいアニメが個人的にツボだったなぁ。(苦笑)

・亜人ちゃんは語りたい
日常系学園物の中に非現実なキャラクターを組み込んだ作品だけど実際にこんなことがあったら面白いだろうなぁって、ほんわかでほのぼのでほっこりで…亜人じゃなくてもこんなに生徒を親身に思ってくれる先生がいたらきっと学校も楽しいんだろうなぁ。最終回でのセリフの最初は興味本位だったけど実は彼女たちから色々学ぶことが多かったというのはそれだけ亜人ちゃん達に信頼されている証拠だしなんかこんな青春送ってみたかったと思った。ゆったりと楽しめた良作だと思うな。

・AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION -
脱衣ゲー(笑)をどうアニメにするの!?というのが最初の印象だったけどふたを開けてみたら結構普通にアニメになってたね。とにかくやりたい放題思いっきりやりました感が良かった!もっと深夜アニメ的な展開を期待したんだけどそっちはちょっと控えめだったね。まぁアキバはカオスで面白い!ってことだね。この作品と後で出てくるハンドシェイカーは実際にお店をそのまま出してきたこともあって聖地巡礼が楽しそうな作品。とにかく笑わせていただきました。

・幼女戦記
今期の良作その2。これはもう少し続きが見てみたいと思う位毎度毎度の展開に引き込まれていった作品。転生ものっていうのはアニメでは結構ある展開だけどよもや幼女で戦争の時代のど真ん中というふつうは結び付かない2つがストーリーの中で見事に調和してるしそれが逆に不気味さと狂気を引き立たせていて本当にこのセンススゲェ!とうなってしまいました。この鬼畜さ、大好きです。個人的にはターニャではなく彼女にずっと付いてきたヴィーシャのタフさが凄過ぎる思うのは自分だけかな。彼女、あらゆる意味でターニャ以上だと思うんだけど…。それにしても…悠木さん…演技力ぱねぇッス!

・クズの本懐
今期の良作その3。いやーこの世に恋愛モノ数あれど俗にいうさわやかな青春物が正ならこっちは負…というか裏といえばいいのかな。恋愛は綺麗ごとじゃない、恋愛は生き物における野生であり本能である、心の闇をクローズアップした表現が新鮮だし実はこっちのほうが本当の恋愛ものなんじゃないかと思わされるストーリーの組み立て方が心に響きまくりました。これはもう今までの自分のランキングでも間違いなく上位に来る秀作でした。恋愛に乙女チックな夢を抱いちゃってる人にはきっと永遠に理解できない領域なんだろうけど実際こっちのほうが真実だったりするんだよね。性行為も本当にギリギリのラインで表現されててこの辺は作者や制作側の力量ってやつなのかな~すごくリアルで素晴らしかったしOPやEDもその世界観が表現されていてもう自分の中ではパーフェクトだった。久しぶりにノイタミナらしい作品だったと思います。最終回も決してきれいに収まってはいないけどきっと本当の気持ちと恋の形に気づいて本物を求めて歩き出せるんだろうね。結局傷つくことを恐れていたら本当に恋には届かないしリアルにいま恋愛ができない人達が失ってしまった感情なんだとそう思います。

・CHAOS;CHILD
これは個人的な今期の良作…ってかどストライク作品。こういうオカルトチックな作品は大好物だしMAGES.や5pb関連者といったらもう見るしかないでしょう。…って実はハードがないという理由でゲームの方は手を出してないのですよ。凄くやりたいのに…。
それはさておきもう鬼畜度半端ないカオス作品に仕上がってて次の展開が楽しみで仕方なかった。ただ最終回にちょっと腑に落ちない終わり方したなーと思ったら続編決定でなんでも劇場版をやるとか。見に行かなきゃな…。渋谷という舞台やロールシャッハテストなど現実にあるものを取り入れているせいか空想世界なのに妙にリアリティを帯びているのが面白いね。これは時間のある時に全話しっかり見直してみたいと思います。しかしまぁ一連の事件の首謀者が自分の保護者だったりそばにいてくれた人が自分の妄想から生まれてきた存在だったりとよくこういう発想が出来るなぁと、オリジナル同人をやっている人間からしてみればその発想の引き出しがうらやましかったりするわけです。現実にないはずのことなのに実は現実にあるんじゃないかという妄想にかられるというのもまた一興。人間の妄想力って面白いね。

・ハンドシェイカー
今期の良作…とはちょっと言えないかな~。いや、作品自体はすごく良かった。ストーリーや世界観。特に大阪の実在する部隊がリアルに描かれていたりちょっと不思議な感じのバトルファンタジーもので最終回もすごく奇麗にまとまってて本来なら今期の良作その5と言ってもよかった…んだけど…。
凄い個人的な見解になるので本当にこの作品が好きな人はすっとばしてもらったほうがありがたいかな。
この作品ね、完璧すぎちゃったのよ。特にビジュアル。たぶん実写や実物を取り込んでフルCGでできる限りの技術を駆使して作り上げたんだと思うけど結果その完璧さが裏目に出ちゃった感じ。なんかね、画のリアリティでキャラクターが沈んじゃうしストーリーが素直に入ってこないの。昔デザインの講義で言われた完璧な構図ほど退屈な作品になってしまうという話、この作品で何となく理解したような気がします。なんかね、付け入るスキがなくて感情が入り込めないの。それがちょっと残念だったかな。

・3月のライオン
羽海野先生ワールド全開の作品だね。孤独に生きてる青年が将棋という一つのコンテンツで色々な人とかかわっていく内に心が成長していく過程が面白い視点から描かれていて思わず頑張れと声をかけたくなっちゃうんだよね。時にはコミカルに、時にはシリアスに…その抜き差し加減がさすが羽海野さんって所だと思います。最終回の描写なんかとてもすっきりとしていてむしろ自分も共感してしまいました。自分は一人だと思い込んでいるけど実は周りでたくさんの人と同じ法を向って歩いているとか実はたくさんの人が彼に手を伸ばしているのに気づかず知らないうちに自らその手をはね除けている事。簡単なことほどなかなか気づかないんだよね。これは2期の製作が発表されているから是非続きを楽しみにしたいです。
ちなみに1期の一挙放送もやるそうだから気になる人は見てみるといいんじゃないかな?結構心にしみますよ。

・セイレン
実は相方くんが以前アマガミのゲームをやっていてそれでアマガミを知ってたんですがアニメのほうは見てなかったんだよね。世界線の設定がちょうどアマガミの数年後の同じ学校の話というんでどんなかと思ってたら結構アマガミの設定を踏襲してたんで驚いた。特にアマガミで茶道部員として出てきた先輩たちがこっちでは家庭部として出てきたりクリスマスの創立祭のサンタコンテストの話とかアマガミを知っている人にはものすごく楽しめたんじゃないかな?…にしてもまぁ現実にこんなことあってたまるかぁぁぁ!!的なシチュでもうある意味天晴です。さすがです。ただ一つ、やっぱり主人公って純情すぎなんだよなぁ。今時っぽくないっていうか…。まぁアニメだから何でもありか。

・Rewrite 2ndシーズンMoon編/Terra編
まず1期orゲームを知らない人置いてきぼり系続編でしたね。Moon編がすごく壮大でさっぱりと終わったのに対してちょっとTera編がまどろっこしく感じてしまったかな?それにしても凄く面白い設定とストーリーの進め方、壮大な世界観はやはりKeyだなって感じです。さすがの安定感。理屈抜きに面白かったと思います。ただあまりにも突飛な世界観とストーリーだから見る人を選んでしまうかもしれないかなー。個人的にはこういうのは大好きです。取り敢えず新しい世界でみんな仲良く頑張って生きてほしいな。いつも思うんだけどKeyの作品って女の子たちが可愛いからキャラアニメとして見ちゃうと結構痛い目見るんだよね。話が結構壮大だから。そのギャップもまたいいんだけどね。


以上。
4月改編もぼちぼち始まってますね。今回あまり事前にチェックを淹れてないんでわからないんですけど、個人的にサクラダリセット、クロックワーク・プラネット、ソード・オラトリア、Re:CREATORSなんだよね。あとATOMはproductionI.Gが手掛けるとのことでちょっと気になってる。そんなところかな~。あとはまた2~3話見ての取捨選択になると思います。いい加減15本以下に減らしたい…。


おまけ
黒ウィズのほうも記事を上げるためにスクショとかまとめてるんだけどなかなか上げる機会がないね…。14日から新イベ始まるし21日から魔道杯も始まるからスタンバイしなくては!
一応今はクロスディライブもすべて終わってペロシール集めの周回してるところです。新イベのガチャまでになんとかクリスタル回収しなくちゃ…。
ちなみに新人王ガチャは30連3枚でした。ミルドレット、アシュタル、ガトリンでしたが欲しかったのはイーニアとヒビキ…でも深追いはしません。諦めます。(泣)

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。