--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017_10
11
(Wed)02:44

続きまして~7月改編アニメの総括記事でも行ってみますか!

はい。前回くっそ遅い4月改編アニメ総括記事をやって間髪入れずに今度は7月改編アニメの総括記事で~す。
まずは…誰だ、前評で今期は閑散期だとか目玉作品がないとか言ってたやつは!!めっちゃ凄い作品あったじゃねぇか!!って事で、確かに本数的には少なかったですがその分じっくり楽しめたのは良かったかなと思ってます。

はい。お約束の注意事項です。
ここで書かれている順番はあくまで調べたり記憶をたどったりで出てきた順番なのでランキングではありません。そして感想はあくまで主観ですので突っ込みどころ満載でもそういう仕様なのでそのつもりでどうぞ。そして当たり前のことながら見てない作品は書きません。自分結構偏屈なんで巷ではやっていても見てない作品結構あります。クラスターさんの突っ込みとご批判はお断りです。

以上、わかりましたね!?
ではお進みくださいませ~♪










いらっしゃいませ!では始めるですよ~。
今期はいつもより若干少ない感じがしましたがどれもこれも良作で楽しかったです。ラブ米と魔法陣グルグルは続行中なので最終回後に扱います。

・サクラダリセット
前期からの引き続きの作品。凄い壮大過ぎて面白いんだけど内容をすべて把握するにはかなり何回も見直す必要がありそうだね。ミステリーでSFであり見る人によって物凄い見方が変わると思う。そういう面白さがあるのかもしれないけど…。とにかく複雑で難しいストーリーだった。その難しさが面白さだったのかもしれません。でも最終回まで見て結局思ったのは…相麻菫の浅井ケイに対する思いの暴走だったのかな~と。身もふたもないけど。

・サクラクエスト
これも前期からの作品。お仕事シリーズ第3弾がまさか町おこしがテーマとは!コミカルな内容でも人口過疎地の悩みや思いというのがうまく絡まっていて見ていて考えさせられる作品でした。メインの5人のバックボーンもなかなかバラエティに富んでいてそれぞれのストーリーもうまく本線に絡んでいてそれでいて地元民たちもそこにうまい具合に入ってきてって…さすがはP.A WORKS!って感じでした。見ていて気持ちいい作品で好きです!

・Re:CREATORS(レクリエイターズ)
これも前期からの作品。これはねぇ…なんだろう、なんか見終わって切なくなった。なんていうんだろう、これって創作というものに対しての否定、嫌悪、夢、願い、絶望…ありとあらゆる感情を吐き出した感じだなーって。もうね、誰の言い分も正しいし間違っているから見てて切なくなるのよ。自分も趣味とはいえ生み出す側だから余計なのかもね。ただ思ったのは生み出して世に出すという事はそれだけ作品に責任を持つということなんだと思う。それがいいほうに転んでも悪いほうに転んでも…。人によってはあの終わらせ方がずるいと思っている人も多いみたいだけど自分はあれで正解だと思ってます。個人的にはポテチのメテオラちゃんのグッズを是非!あとやっぱ澤野さんの音楽は凄いっす。サントラほしい。

・賭ケグルイ
好き!もう鬼畜過ぎて好き!夢子ちゃんがいいし生徒会長がいいし早乙女ちゃんがいいし…とにかく出てくるキャラが欲望に忠実でとにかくゲスい!それがいい。あそこまでやられたらある意味すがすがしい!!…ってことで毎週スカッとさせていただきました。
IR法案とかでギャンブルにマイナスイメージが付きまとう中よくここまでできたよなぁって思うけど、やっぱアニメはこうでなくちゃ!という部分で個人的には高評価です。原作マンガが気になっている今日この頃。あとは早見沙織さんの演技力はマジパネェってそれに尽きるわ。うん。

・恋と嘘
まず言うと自分青春恋愛ものは苦手ですと4月改編総括でも言ってましたがこれはちょっと違った角度の恋愛ものだなぁって。見終わってまず思い出しちゃったのが劇場版PSYCHO-PASSの冒頭。やっぱりいつかこうして恋愛対象までシステム化される時が来るのかなぁというちょっとした不安。まぁそれは置いておいて、決められた相手と本当に思いを寄せている相手との葛藤に苛まれる3人があまりにも切なくて気づいたら最終回まで見ちゃいました。だって本当に好きが人がいるのに違う人と結婚しろと言われたら(しかも国に)はいそうですかって諦められますか?そんな誰でも思う部分をしっかりと描いていてすごくこの3人に感情移入しやすかった作品です。素敵でした!

・異世界食堂
深夜の飯テロアニメ。でも設定が面白いよね。うちにもねこやの扉が出てきてくれないかな~と何度思ったことか!!で、ただの食堂アニメじゃなくてなぜ『異世界』なのかという謎もちゃんと解き明かしてくれたのもGOOD!でもこれって原作は小説なんだよね…言葉だけであの料理の数々をどう表現してたのがすごく気になります。そしてどれも美味しそうすぎます。ちなみにこれを見た翌日の夕食がこれに影響されること多数。いや、だって食べたくなるでしょう。

・アホガール
いや~。笑った!人間あそこまでアホだともう凶器だね。太刀打ちできないって。結構重たい内容が多かった今期で唯一何も考えずに笑わせてくれた作品。アホ、その一言に尽きます。バナナは夜食というより自分はおやつ派だぜ。

・バチカン奇跡調査官
宗教色の濃いミステリーかなと思ったんだけど意外に宗教色はそこまで濃くなくて、キリスト教の観点をうまく組み込んだ謎解きミステリーって感じの作品でしたね。主役の2人のキャラや個性の違いがストーリーにうまく生かされてたので見やすかった。この手のミステリーが好きな人にはたまらない作品なんじゃないかなーと思います。ただ内容だけに(結構グロ表現もあったんで)万人受けするかというと難しいかもしれないね。個人的には好物なジャンルなんで楽しかったです。原作をきちんと読んでみたいなぁ。そうすればもう少し作品の世界観が広げられそうな気がした。

・セントールの悩み
これ、ただの人外系の日常系とかキャラアニメとかそういう風にみてしまうとこの作品の真相は絶対につかめないだろうね。これ、すっごい風刺作品だと思うしこの世の中で良くやったなーと思うのが正直な感想。今期の良作その1として挙げておきたいです。
日ごろのニュースやネットで『ヘイトスピーチ』というのを聞いたことがあると思うけど。まさにそれを法で規制してだれもが平等に守られている世界…という考え方にちょっと鳥肌が立った。それが本当に幸せかどうかというのはおそらくこの作品を見ている人たちにゆだねられてるんだろうなぁ。一つの例えの世界を提示しているこの作品の凄さってどれくらいの人が気付けるんだろうね。面白い作品でした!

・プリンセス・プリンシパル
今期の良作その2。オリジナルアニメにして久しぶりにいいっって心から言える作品だった。とにかくメインのキャラクターの性格バックボーンなどがうまく絡まっているしそれぞれの個性が作品に物凄い奥行きを与えてるところが面白い。そして何よりストーリーの作り方。実はこのストーリーは実際に起きていることのストーリー軸にあえてキャラクター個々のエピソードをちりばめた形で進行していて、最終回をその話をきちんと起きた順に並べ替え、おさらいのようにまとめて終わったという(一応それが主人公の活動レポートという形をとっているようです。)ものすごく終わらせ方にもこだわりがあるとにかくぬかりのない作品でした。キャラ、ストーリー、音楽とバランスが取れた作品も久しぶりで本当に見ていて面白かったです!!2期…やってもらいたい気もするけどこれはこれで終わってほしい気もする…。

・NEW GAME!! (第2期)
1期もすごく良かったけど2期はさらにキャラクターたちのやる気と本気のぶつかり合いが見れて面白かったし1期以上にトラウマほじくってくれました。結構すさまじかったね。でも青葉ちゃんのひた向きさとか後半出てきたインターン生の本音とか、すごくリアルで一部業界のきれいじゃないところもきちんと描き切ってくれたことは凄くいいことだと思います。仕事はきれいごとだけじゃ済まされないからね。だからこそ出来上がった作品には敬意を持ちたい…アニメでもゲームでも…それがどんな媒体でもそうなんだということを改めて教えてくれる作品でした。皆頑張れって素直に応援できるし、いま就業しているすべての新人さんたちにエールを送るようなそんな作品だったと思います。
個人的に2期目は内容がない作品になるから駄作が多いというジンクスを持っているんですが、これはむしろ2期が必要でしたね。

・はじめてのギャル
ギャグ要素が多かったけどこれ、今どきの女の子をよく表現してるなぁっていうのが率直な感想。ギャル子ちゃんってね、実は普通の女の子よりもピュアで一途な乙女ちゃんなのですよ。一見外見でチャラいって思われがちだけどね。ただ一つ、ロリコン野郎は本当に逝ってよし!その一言に尽きるわ。…とまぁこんな感じ。個人的には嫌いじゃなかった。

・ようこそ実力至上主義の教室へ
とにかく設定と世界観が好きで見てた作品。裏切り、謀略、下剋上…そんなキーワードが好きな自分にはもう打って付けでしょう。この作品は。ただ1期の中にうまく収まり切れなくてストーリーのとっ散らかり感は残念だったかな~。人間欲望と野望のためには手段を択ばす。仲間思いだと思っていた子が実は鬼のように嫉妬にまみれた存在だったり、スマートなまとめ役君がちょっとイレギュラーが起きただけで理性を失ってみたりとまぁもう人間の汚さむき出しで本能とありとあらゆる知恵こそが生き抜く術というのが自分には面白過ぎた。まぁこんな実力主義の世界もありだし、実際にこんな高校あったら入学してみたいと思ってしまう自分もなかなかのひねくれ者ですね。

・ゲーマーズ!
葵せきなさんといえば個人的には『生徒会の一存』のイメージがあまりに強くて。でもこの方のキャラクター描写が凄いな~と思っていたんです。今回もやはりキャラがしっかり立ったストーリーになりましたね。ゲーオタの恋愛事情にリア充の考え方が容赦なく乱入するみたいなおもちゃ箱をひっくり返したようなストーリー展開はちょっと見る人を選ぶのかなーと思います。個人的にギャグやコメディを描くサイドの人間としてこのストーリー展開は参考になる部分もあり。作品を楽しむというより作品構成の勉強としてみちゃったんで素直な感想じゃないですで。申し訳ない。

・カイトアンサ
俗にいう10分アニメ。フレイムアームズ・ガールに続いての立川アニメ。しかも前者のよりも地元色濃すぎたしとにかく某有名作品のパロディで見てるほうが大丈夫なのかと不安になってしまうほどやりたい放題アニメでしたね。で、謎解き系についてはやはり10分内の消化だったんで物凄くとってつけた感否めなくてね。謎解きが好きで見たい人にはちょっと向かないキャラアニメに寄せた感じのご当地アニメ的な何かという解釈でいいんじゃないでしょうか。あと…天龍さん…ちょっとは仕事選ぼう。うん。(いや、個人的にはありっちゃーありだったんだけどね。)

・クリオネの灯り
これも10分もの。で、内容もなんか綺麗じゃないし、キャラクターの感情入ってこないし、ストーリーも結局だから何が言いたかったんだ?という感じだった。正直久しぶりの駄作アニメかもしれないっす。好きな人には申し訳ないけど。

・メイドインアビス
これはねぇ。なんか凄い!いろいろな意味で凄い!!絵柄もかわいいし世界観も面白いしありがちなファンタジーな冒険活劇を想像してたけどストーリーが進むごとにもうズッシリ重い展開になってしまって。…最終的にはもうあぁぁぁ!!って感じになってました。いや~人間の好奇心ってやつはすごいね。この作品のすごさはその独創性と一貫性だと思います。設定が緻密で抜かりがないの。その上に個性的なキャラクターを載せているから物凄く壮大なストーリー展開になって作品の深みや面白さ、不気味さが際立ってるんだと思います。余談ですがたまたま原作者のつくしあきひと氏のインタビュー記事が載ってる本(ティアズマガジン)を読む機会があったけどこの方の持つ独創的な世界観と創作への取り組み方が自分には見習えないし努力されてるんだなぁって。
そんなのを読んだから余計この作品への思うところが多いのかもしれません。自分の中のランキング上位に食い込んだ今期一番の良作でした。これは原作追いかけようと思います。

以上が7月改編アニメの感想でした!
もう10月改編分が続々始まってますね。すでに何作か見ていますが今のところ少女終末旅行、キノの旅、十二戦記、血界戦線&BEYONDあたりが期待大です。あとはゆるく見るのにブレンドSとかね。
それと妹さえいればいいの1話でやっていた『ウミガメのスープ』(つまり俗にいう並行推理パズルってやつです。)あれが面白いとかで時々夫婦でやっていてますが…なぜか自分の発想がとんでもないところに飛んでいくので旦那くんを困らせています。なんでかな~。

次の総括は…12月かぁ。アニメと同人活動やってると1年あっという間だね。多分年が明けてからのアップになりそうですが、また見ていただければと思います。
最後までお付き合いありがとうございました~♪

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。