--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_10
03
(Thu)23:00

劇場版あの花&中二病をがっつり見てきました!

劇場版あの花と小鳥遊六花改のパンフレット
同一日では無かったんですがちょうど機会に恵まれて9月30日に『小鳥遊六花・改』を、10月1日に『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』を見に行ってきました。本当はね10月1日は映画のサービスデーだったからこの日に2本見る予定だったんだよね…。でもやっぱ内容的に余韻に浸りたいよねぇって事で日にちをずらしたのさ。結構こういうのってこだわっちゃう方なんだよね~。

ここから先はちょいネタバレ(…といっても両方ともTVシリーズの内容+αだから見てた人にはネタバレレベルにはならないんだけどさ。)含むんで続きを読むから開いてちょーだい!




一応警告はしたからね。読んでから文句は無しだよ?ってそんな大層なことは書いてないけど。


はい、ではまず中二病の方から。

予告編でたまこまーけっと2期のCMがあるよ~っていうのを聞いてたからどんな感じか凄くワクワクだったんだけどキャラクターは出てこなかったね。声だけ。でもそれだけであの世界観が伝わる作りにはやっぱり京アニクオリティなんだなぁって感心しました。

最初にショートストーリーの方からの上映だったけど勇太の中二病時代がなかなか面白かった。本編でも多少は出てきたけどあそこまでガツッとはやってくれなかったからね。勇太の中二病っぷりを堪能できたのは良かった。ついでにエンディング…あのノリは好きだ!原稿のお供に出来そうな…買うか?

続いて本編。
まぁTVシリーズのトレースというのは聞いてたからね。大画面でまた数々のシーンが拝めたのは良かった!…それにしても…うすうす気付いてたけど冒頭のあれは夢オチだったのね…。でもクオリティがすげぇ!くみん先輩の必殺技がかわいすぎ!2期で拝めないかな~。
…っと最後の方は2期への布石だったけどコレ見ちゃったらもう2期見なきゃねぇ!って感じでした。どうなっちゃうんでしょうね…2期。やっぱ六花vs智音の図式になっちゃうのかな~。

個人的には勇太と六花のお母さんとの会話シーンが凄く印象に残ったんだよね。あのシーンが1期の全ての締めくくりって感じで。これから見る人は是非注視してみて。


お次はあの花。
一番最初にあの最後のじんたんが消えかかるめんまを背負って秘密基地に向かうシーンから始まっちゃったもんだから冒頭から泣きましたよ!!!本編知っている人ならここでもう泣けるでしょう!

本編の部分と1年後のみんなとのリンクが凄く上手くてコレはコレでひとつの作品として完成度かなり高いと思った。さすが!の一言でしたね。
めんまが消えてからの5人の清々しいほどの友情や絆というのに心を打たれました。
震災後からみんな軽々しく友愛だとか絆とかいう言葉を口にしているのが正直イライラしてたんでそういう偽善者達に『貴様ら!コレが本当の絆だ!友情だ!』とマジで言いたいくらいです。
まぁそれはさておき…この劇場版の凄いところは本編の全てのフラグを完結してくれたとこでしょう。謎の残らない完全なる完結編。だからたっぷり泣いて見終わった後スッキリ清々しい感じになれました。まさにこれを心の洗濯と言うんでしょうな。いいなぁ青春…。(アオハルじゃないぞ!)
ちゃんとめんまの弟やお母さんもめんまの死を受け入れて区切りをつけて前を向いて歩き出したし、超平和バスターズのみんなも一人一人がキチンと自分の気持ちに正直になって大人になっていってるし、でも一番成長したのはじんたんだよね。お願い事の謎も、なんでじんたんの前だけにめんがが出てきたのかも…おっとここからは明かしちゃうとつまんなくなっちゃうから実際に劇場で見て確かめて欲しいと思います。個人的にはめんまが何故じんたん達と一緒になったのか、そもそものめんまの立ち位置というのが分かってしまっただけに余計今までの本編や劇場版の内容が痛いほどに切なくなってしまいました。

ただひとつの謎…といえばめんまへの手紙に最後の最後にあなるが書き足した事柄…位かな。あれはあれでにくい演出だと思った。
そして最後の最後のめんまの台詞。アレでまた泣かされた。結局最初から最後まで泣きっぱなし…でも自分たちの近くの皆様方も泣いてたからね。本当にいい話だった。

ストーリーもいいけど音楽も良かった!サントラ盤でてるんだよな~。劇中の『Not As Friends』(←この曲凄く印象深いシーンで流れてて物凄く気になったのだ。)がボーナストラックに入ってるって言うし…。う~ん。買っちゃおうかな~。
ちなみに旦那くんがLP仕様のエンディングのCD持ってるんだけど改めて買って正解だった!と言ってました。…が…自分当分『secret base』は聞けないな…あの花のシーンを思い出してそれだけで泣けてくるから…。

中二病はTV版観てなくても多分内容的には追っていけると思うんだけど、あの花については是非TVシリーズを追って欲しい。その後劇場版を見た方が話にどっぷり浸かれると思います。(観てなくても一応は大丈夫だとは思うけど…。)
2作とも傾向が全く違うアニメだったけどどちらも最高に良かったと思います。見て良かった。

劇場版あの花と小鳥遊六花改の入場者特典
あの花と中二病の劇場版
当初ネットでは入場者特典はもう無いよ~ってあったので諦めていたけどどちらももらえたよ~。ラッキーでした。
あの花は期間でキャラが違ったようですね。ちなみにもらったのはあなるでした。

…とまぁ映画2本の感想って事でした。
劇場版と言えば…あの花の時にまど☆マギの予告編見た。なんだかTVシリーズや前編、後編に負けるとも劣らない厳しいストーリーになりそうな気配だね。新キャラとさやかちゃんがストーリーの鍵を握りそうな気が…。BS11でTVシリーズの再放送やることが決まってるから新編も見に行きたいんだよなぁ…。

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。