--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_07
05
(Sat)23:00

2014年4月期改編アニメの総括!

はい、改編時期恒例のアニメ総括です。
今期は早々に終わってしまった『ニセコイ』からまだ終わっていない『それでも世界は美しい』まで物凄いスパンがありましたね。それセカについてはこちらではまだ1、2話あるようでもう待ってるとカオスになる!!という事からあとで別口で上げることにして残りの作品の総括をしてしまいます。
数えてみると全部で17作品…いつもより若干少なめでしたね。20本きったの久しぶり。

いつも通り順不同で主観的な意見なので悪しからず!そして連結2期の『魔法科高校の劣等生』については今回総括から外してあります。
あと今回に限ってはちょっと思い入れがある作品が数点あるのでまだ最終回観てない!って人はもしかしたらネタバレ的な部分もあるかも知れません。自己責任でね。

では続きからどうぞ!




ちょくちょくtwitterやブログの中でも書いてましたが本当に今期は個人的に良作たくさんでホクホクでした。どちらかというと日常ネタのコメディとダークファンタジーの2系統がメインって感じだったような気がします。
あと珍しく今回はサウンドトラックやOP、EDも良作が多くてここまで物欲に駆られたのは本当に久しぶりです。
ただね、取捨選択を見誤った感が大きくて本当に録っておきたかった作品が残せなかったのが心残りでした。はう~!今度からは2、3話位は残しておこう…。マジで。

あと今期はやたらとクレープがらみのネタが多くてクレープ大好物な自分にはとても酷でした。何度クレープ屋に足を運んだことか!(大笑)

今回の途中離脱はブレイド&ソウルとシドニアの騎士でした。シドニアはね…個人的に好きなテイストだったんで10話位までは観てたんだけどね。


・ニセコイ
今年の1月改編からの連結2期…と思いきやメチャメチャ中途半端なところで終わっちゃいましたね。
個人的にはありがち展開も面白く話が進んで行ってて面白かったんですが…まぁまだ原作は続行しているようですからこれはこれで致し方ない結末だったのかな?結局楽くんの約束の女の子は誰だったんでしょうね。
各々の本音を聞けた所まではよかったんだけど結局千棘ちゃんが楽くんの本音を聞けて安心したねってそれだけで終わっちゃったからさぁ。これって2期やるのかな…。
シャフトのテイストが活かされててアニメ作品としては良かったと思います。
それにしてもまさかこの後半のエンディングでClariSのアリスさんが引退とは…。『STEP』良い曲でしたね。ちなみに自分は小野寺派です。純情すぎてかわいいでしょ!

・ノーゲーム・ノーライフ
残せなくて残念でした作品その1。これ、内容がハチャメチャと思いきや凄く世界観とか内容が作り込まれてて面白かった!キャラクターが凄く生きていてゲームなどもよく作り込まれてて、その上にああいうドタバタをかぶせてきてそれでも一作品としてまとまっているのが凄いと思った。創作ジャンルで活動している人間として本当に目から鱗的作品でした。
とにかく白可愛すぎ!!!!空が消えた時に必死に空を呼び続けてボロボロ泣く白が可愛すぎた!!!
これもなんか2期展開がありそうな気がするんだよなぁ。テトの所まで行き着いてないし、最後意味深な形で終わってるし…。でも16もの種族のゲーム合戦を全部やるなど1シーズンかかっても難しいような気がするんでこのエンディングもありっちゃぁありなんだろうけどね。
EDの『オラシオン』はとても良い曲でした!

・一週間フレンズ
凪あすとは違い本当に日常的な学園ものだけど藤宮さんの友達の記憶が1週間しか持たないというそのストーリー軸がとても上手く世界観を作り上げていてこの手が苦手な自分でもストレスフリーで観られた作品。時々観てるこっちが恥ずかしくなっちゃうような展開も多々あったけど不思議とのめり込んじゃいました。キャラクターがとても良かったです。
この作品のヒーローは絶対桐生くんだ!というのは私だけでは無いはずだ!!!!(笑)
聖蹟桜ヶ丘…聖地巡礼で行ってみたいね。そんでたまこっぺとクレープ食べたい!

・マンガ家さんとアシスタントさんと
下ネタ大放出アニメ。これって元々4コマなんだよね?息抜きで観てた感じだったんだけど15分アニメで正解だよなぁ…。あのテイストで30分やられたら結構厳しいものが…。まぁ可も無く不可も無くってところかな。

・エスカ&ロジーのアトリエ
アトリエシリーズってまだ続いてたんですね!久しぶりにやりたくなっちゃいましたよ!ゲームの世界観そのままにほんわかしたファンタジーで楽しい作品でした。何年経ってもアトリエシリーズはアトリエシリーズのままでしたね。鍋でぐつぐつっていうのもそのままだし。それで16作ですか…スゴイの一言。やっぱ人気があるんですね。
ちなみに自分はエリー、マリー、リリィの3作品(初期作品)しかやったことが無かったんで男の子と女の子の2人のメインがいるというのは結構新鮮でしたね。
最後一応あれハッピーエンドで良いんだよね!?

・僕らはみんな河合荘
好き。スゲー好きこういうの!どちらかというと律っちゃんと宇佐くんの恋愛事情より河合荘のあの一癖も二癖もあるキャラクターが魅力的でした。なにしろ住子さんがいい!(笑)いいなぁ実際に河合荘があったら1ヶ月くらいお世話になりたいなぁ。でも1ヶ月が限界だな。(苦笑)
ある意味ノゲラ以上にハチャメチャやってたアニメかも知れませんね。それにしても岐阜を舞台にしたアニメってどうしてこうも(以下自主規制)

・ご注文はうさぎですか?
まんがタイムきらら作品として前回の桜TRICKからずいぶんゆるふわファンタジーに展開しましたね~。
何気ないストーリーでしたがキャラクターが生き生きしていてどちらかというと好きな感じでした。あんなカフェが近所にあったら通いたい!(働きたいとは思わない・苦笑)個人的には青山さんとチノちゃんのお父さんが最高に良い味出してて好きでした。

・聖刻の竜騎士
最初はただの萌えキャラアニメかな~と思ってたんですが回を追うごとに正統派ファンタジーの内容で面白くなった感じかな?それにしてもドラゴンが人間の女の子の姿をしているという発想は面白かったですね。この後の話は原作を読んでみたい気がします。ダークファンタジーが多かった今期の中でも純粋なファンタジーの世界観が安心して見ることが出来た作品です。最後上手くまとめてスッキリ終わらせてくれたのも○。

・メカクシティアクターズ
ボカロの楽曲から派生したものだというのは分かっていたので期待はしてなかったんですが、好きな人にはごめん…これはちょっと支離滅裂で残念な作品だった。ストーリーの筋や世界観は結構面白いんだけどもう少し上手く組み立てられなかったのかな~って。でもあの独特な世界観を新房監督テイストで上手く映像化していてアート作品としてはありだったのかもな~って。良くも悪くもシャフトアニメでしたね。
千本桜しかりこれしかりどうもボカロの楽曲派生の作品はなにかこう勿体ないの。足りないのか多すぎるのか…とにかく勿体ない。曲が良いだけに残念だなぁ。

・デート・ア・ライブⅡ
今回は四糸乃ちゃんと折紙の活躍はお預けでしたね。今回も狂三ちゃんは攻略できなかったし、新しく出てきた対抗勢力の事も曖昧で終わっちゃったし、なんか劇場版へ引っ張る布石的な2期でした。とりあえずこれで精霊は全員出てきたのかな?さて…劇場版…本当に完結するのか!?なんかちょっとガッカリした感じが否めません。

・悪魔のリドル
巷ではあまり人気が無かったようですが個人的には凄く面白かったです。個性的な殺し屋達と兎角&晴ちゃんとの掛け合いとバトルが観てて爽快でした。あれだけある個性をバックボーンも含めて殺すことなくきちんと表現しきっているのが凄い!1人1話というのも分かりやすかったし。
ラストもハッピーエンドともバッドエンドともとれる終わらせ方がまたカッコイイです。個人的には鳰ちゃんが好きでした。
ここからは個人的な戯言になるけど、この作品で学園理事長役として榊原さんが出ておられましたが、自分声の出演をみるまで気付かなかったんです。禾生局長のような鋭く冷たい声とは違い同じ冷たさにもちょっと慈愛の念がこもった感じの声もまた魅力的でした!…あぁ…また旦那くんにババ専とか言われそう…。(苦笑)

・極黒のブリュンヒルデ
残せなくて残念でした作品その2。これはマジで面白かった!何だか訳の分からないまま話が展開して結局解決には至っていないけど是非2期をやって欲しいと思っちゃうくらい面白かったです。
まず最初に謎をボンと出してきて一つずつその謎を解き明かしていくけど決して明かしすぎないすれすれのストーリー展開にキャラクター描写と世界観が物凄く上手く出来てましたね。ちょっとグロテスクな部分はありましたが深夜帯ですしありでしょう!コレは本当は録っておいてもう一度1話からじっくり見直したかった…。
そしてこの作品の特筆すべきはサウンドトラック。劇中もそうですがOPの楽曲がとにかくシビれた。あの曲欲しいなぁ。

・ブラック・ブレット
残せなくて残念でした作品その3。これも凄く設定と世界観が好きでした。結構ハイペースで話が展開してしまった感がありましたがそれでも十分この作品を楽しめました。とにかく絵や動画がとてもキレイでしたね。
虐げられても必死に生きる延珠ちゃんやティナちゃんがけなげでかわいくて…。
とにかく驚愕したのがラスト。あれは完全なバッドエンドだと自分は解釈します。何一つ解決していないわけですしね。
聖天子が某ファーストチルドレンに見えてたのはここだけの話。(苦笑)

・selector infected WIXOSS
残せなくて残念でした作品その4。自分の中では今期の1位アニメ。とにかく色々な意味でえげつない!人によってはまどマギっぽいという声もあったみたいだね。やっぱり少女の欲望とかそういうのってストーリー展開させやすいのかな~。
WIXOSSというカードゲームを題材にしている割にはカードバトルの表現が結構肉抜きされているのでWIXOSSをやっている人はビジュアルで今何をしているのか分かるし、やっていない人にも普通のアニメとして充分楽しめる構成が良かったと思います。(ヴァンガード系はどうしてもカードバトル描写がメインになってついていけなくなるんだよね。まぁカードのPR的な部分があるから仕方ないんだろうケド。)
それと面白いと思ったのがキャラクターの性格をかなりダーク方向に掘り下げているという事。曖昧という事が無いの。だからこそストーリー展開がすっきりしていた感じですね。
こっちも最終回は完全に続行モードで最後に2期のCMが入りました!これは嬉しい!1期ではselectorバトルの真相と無限少女の秘密が明かされたから2期ではルリグの秘密とあの白い少女の秘密が明かされるのかな?これはもう2期に期待です。
この作品もOP、EDが好きだったんだけどEDが発売予定が無いようで…。いい曲なのになぁ。

・棺姫のチャイカ
この作品凄く好き!世界観もストーリーも凄く引き込まれた。キャラクターが凄く独特だったね。ガズ皇帝の遺体を集めるという1つの柱からストーリーの広がり方が面白かったです。設定がしっかりしてるので内容に押し付け感が無くストレスなく楽しめました。画像や動画も綺麗でさすがニトロプラスって感じかな。これも最終回に2期が発表されたから2期も期待したいです。2期には7人のチャイカが揃うのかな?

・龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
これはもう賑やかで楽しかった。ちょっと内容にこじ付けと押し付け感が否めなかったけど重護くんと七々々ちゃんの絡みを軸にワクワク感がありました。ただ登場人物が多くて伏線も沢山だったのもあって話を整理するのがちょっと大変で気軽に見れる作品ではなかったような気がします。そのへんはやっぱノイタミナクオリティってやつなんですかね。
それにしてもあの遺跡のカラクリとか原作者は良く考えたなぁ。凄いよ。これ、正直2期をやってもう少し核心部分をアニメで見たいと思うんですよね。こういうバタバタファンタジーも結構好物なのでもう少し見ていたかったなぁって。

・彼女がフラグをおられたら
…う~ん。実はいつ途中離脱になってもおかしくなかったアニメかも…。イチャラブ系をメインにしたかったのかフラグの話をメインにしたかったのか…。ちょっと苦手系でした。
でも1話とラス前、最終回だけを取ると結構面白いストーリー軸だったんだけどなぁ…。まぁ自分は萌え系ではないのでこれはこれでってことで。


以上全17作品。いや~楽しかった!
今回は続編予告をするアニメが多かったですね。でもほとんどの作品に対して2期も見てみたいと思うんで是非また機会があったら追ってみたいと思います。

さて、もうボチボチ7月改編が始まりつつありますが、次期ももう楽しみで楽しみで。
なんといっても『PSYCHO-PASS』の再始動がありますしその他にも『残響のテロル』、『アカメが斬る』、『東京喰種』が今のところの推しです。バイオレンスもの、ダークファンタジー物大好物!
あとは学園物も結構多い感じでしょうか。こちらは旦那くんの担当だからなぁ。
次期からは多分お互いの好みが分かれるので自分自身が見る作品は↑でも書いたとおり4作品プラスアルファになるでしょうね。
今度は10月に7月改編の総括ですか…。さて何作品残りますかな?

以上4月改編アニメ総括でした。長々とお付き合いありがとうございました!

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。